ホーム > 雲海を見たらおそばを食べよう

2017年12月

雲海を見たらおそばを食べよう

茂木町, 芳賀エリア, おすすめスポット, グルメ情報, その他

茂木町農林課です。一日ごとに冷え込みが厳しくなり、ついに今朝は車の中に置いておいた炭酸水まで凍ってしまいました。でもこの冷え込み、茂木町のある地域にとって、とても重要なのです。

茂木町北部を蛇行するように流れる那珂川。昼間暖められた那珂川の川面に、山からの冷たい風がぶつかると川霧が発生します。この川霧が「雲海」と呼ばれ、那珂川県立自然公園内にある鎌倉山から眺めると、まるで海のように雲が広がり、ところどころから顔をのぞかせる山が小島のように見えるのです。

その那珂川にいだかれるように位置する牧野(まぎの)地区で採れるそばは、香りの高さと甘みとコシが自慢です。

牧野の農村レストラン「そばの里まぎの」は、NHK「小さな旅」で放映されて以来、連日たくさんのお客様でにぎわっています。

この時期の人気は「けんちんそば」(1,100円)です。野菜の旨味がしっかりと出ているアツアツのけんちん汁は、身も心も優しく暖めてくれます。そばを入れても良し、けんちん汁だけ味わうのも良し、ぜひご賞味ください。(あのおいしさを文章で伝えられない、このもどかしさ・・・・)

ここで隠れ人気メニューのご紹介!

天もりそばや鮎天そばに隠れてしまい、実にひっそりとメニューの片隅にいる「揚げそばがき」(410円)。外はカリッ、中はふわトロで、一度食べたら病みつきになるそばがきです。騙されたと思って、ぜひオーダーしてみてくださいね!

そばの里まぎの (←クリックするとまぎののHP)

 住所 栃木県芳賀郡茂木町大字牧野249番地

 電話 0285-62-0333

 営業時間 平日11:00~14:00 土日祝日は15:00まで

 定休日  毎週水曜日 ※H29.12.27(水)~H30.1.5(金)まではお休みです。

 

?>